コラム

Column

【ファクタリング豆知識】銀行系ファクタリングとは?

銀行のイメージ

ファクタリングには、さまざまな種類のものがあります。
私たちGCMが提供する「診療報酬・介護報酬債権ファクタリング」のほか、たとえば当コラムでも取り上げたことがある「国際ファクタリング」や「商品在庫ファクタリング」といったものがあります。
「○○ファクタリング」と名の付くものがあるわけです。

そんな中、今回は「銀行系ファクタリング」についてまとめてみたいと思います。
ファクタリングの理解をより深めるために、ぜひチェックしてみてください。

銀行系ファクタリングとは?

メガバンクのイメージ

銀行系ファクタリングとは、私たちGCMのような民間の組織とは違い、文字通り「銀行」が経営母体となっているファクター(ファクタリング業者)が提供しています。
メガバンクと呼ばれる「三菱UFJ」「みずほ」をはじめとする都市銀行や、各地の地方銀行など、母体になる銀行はさまざま。メガバンクの場合は、子会社がサービスを提供するケースが一般的です。

では、そんな銀行系ファクタリングは、具体的にはどのような特徴を持っているのでしょうか。
以下に見てみましょう。

大手企業向けの業者

信頼のイメージ

銀行が経営母体になっているということで、「資金力が高い」「信用力が高い」ということが特徴として挙げられます。

たとえば、ファクターとして開業するためには特に資格などが必要ではないため、民間の業者の中には闇金まがいの行為を行う悪質なところも見られます。
このような悪質業者を利用すると、あとあとトラブルに巻き込まれるなどして大変です。
一方、銀行であれば信用度が高く、トラブルに発展することはありません。

また、資金力が高い銀行のファクタリングであれば、金額が高い売掛債権でも買取ってもらうことができます。
どちらかといえば、中小企業というよりは大手企業向けの業者であるといえます。

銀行系ファクタリングのメリット&デメリット

銀行系ファクタリングは、銀行ならではの高い資金力や信用力が特徴ですが、利用者側には、具体的にはどのようなメリットやデメリットがあるでしょうか?
以下にまとめてみました。

【メリット】手数料が安い

喜ぶ女性

上にも特徴として挙げたように、信用力が高いのは銀行系ファクタリングの大きなメリットのひとつです。
さらに、そのほかに「手数料が安い」という点が挙げられます。
たとえば融資の場合もそうですが、銀行は民間の金融機関に比べて金利を低く設定することができます。
簡単にいえば、資金力が高いので利用者側の負担を抑えることができるわけです。
ファクタリングの場合も同じで、利用者側の負担=手数料を安く抑えることができます。

【デメリット】審査が厳しい

厳しい審査

銀行系ファクタリングは、民間のファクタリングに比べると審査が厳しいという点が特徴として挙げられます。
融資の審査並みに厳しいという銀行も少なくありません。
また結果的に、入金までに時間がかかるのもデメリットのひとつです。
「一刻も早く現金が必要!」という場合には、あまり向かないサービスであるといえます。

そのほか、「1000万円以上の売掛債権しか扱わない」という銀行も多く、小口の売掛債権を現金化したい場合には向かないということもデメリットといえます。

まとめ

いかがでしょうか。
今回は、銀行系ファクタリングについて簡単にまとめてみました。
信用力が高く、手数料も低めに抑えられるのがメリットですが、審査が厳しく現金化までに時間がかかる点がデメリットです。申し込みから現金化までに1~2週間を要するケースも少なくないといわれています。

ちなみに、私たちGCMは銀行系のファクタリング業者ではありません。
審査はしっかり行いますが、よりスピーディなサービスを提供することが可能です。
早めに資金が必要であるという場合には、ぜひご検討頂ければと思います!