コラム

Column

2018.10.11

【いつ利用する?】ファクタリングのサービスを使うタイミングについて

今でしょ!

今回のコラムのテーマは、ファクタリングを活用するタイミングです。
私たちGCMは、病院や薬局、また介護関係の施設が診療報酬・介護報酬をより早く現金化できるファクタリングのサービスを提供しています。
医療・介護の業界では、通常であればその月の報酬を2ヶ月後にならなければ受け取ることができませんが、ファクタリングによってすみやかに手にすることができます。

このファクタリング、いわゆる「いつやるの?今でしょ!」というタイミングがあります。
今、ファクタリングに興味をお持ちの医療・介護関係の方はぜひチェックしてみてください。

あまり時間がないとき

電話でお問い合わせを受ける男

ァクタリングの最大の特徴は、あらゆる金融サービスの中でも特にスピーディであるということ。
たとえば、資金調達には銀行などの金融機関に融資してもらう方法がありますが、この方法ではお金を手にするまでに少々時間がかかるケースが少なくありません。
具体的には、融資にあたって行われる審査をはじめ、手続きに時間がかかる場合があります。
「今すぐにでもまとまった額のお金が必要」という希望が叶えられないことがあるわけです。
一方、ファクタリングを利用する際にも審査は行われますが、銀行ほど厳しいものではありません。

そもそも金融機関が事前に審査を行うのは、融資したお金を最終的に回収できるかどうか確認するためです。病院や薬局、介護施設に返済能力があるのか、チェックする期間が必要となります。
一方、ファクタリングの場合、ファクターは最終的に「売掛先」からお金を回収します。ファクタリングの利用者の返済能力が問われるわけではありません。
特に、診療報酬債権ファクタリングの場合、売掛先に該当するのは「国民健康保険団体連合会(国保)」や「社会保険診療報酬支払基金(社保)」といった信用力の高い公的機関です。「返済能力」に関しては、ほぼ心配ないということになります。

ファクターによる「審査」は、サービスの利用者が報酬を得る資格を持っているかという確認がメインです。
診療報酬債権ファクタリングの場合には、正式な医療・介護施設であることを証明する「履歴事項全部証明書」「許認可証」や、国保・社保から実際に報酬を得ていることを証明する「レセプト(請求書)」「支払決定通知書」をはじめとする必要書類の確認が行われます。
この「審査」は、銀行がじっくり時間をかけて信用調査などを行うのに比べてそれほど時間を取りません。
その分だけ、スピーディに資金を調達することができるわけです。

というわけで、ファクタリングを利用するタイミングとしては「あまり時間がないとき」が挙げられるといえます。
「できるだけ早く新しい医療機器を導入したい」
「スタッフの給料を支払うための資金を早めに確保したい」
そのようなときには、ぜひお役立てください。

融資が受けられないとき

歯医者

近年、たとえば「歯医者はコンビニより多い」ということがよく言われており、歯科医の過多がちょっとした社会問題になっています。
歯科に限らず、特に個人経営の一般診療所・クリニックが、緩やかではありますが増加傾向にあります。
たとえば厚生労働省が今年の8月に発表しているところによると、5月の段階で診察・入院が可能な「病院」は前月に比べて減少傾向にあるものの、入院設備がない一般診療所は98施設、歯科クリニックは32施設増加しているという結果が出ています。
そのような中で、「隣のクリニックにばかり患者さんが行くのでウチの業績が悪化している」というところも見られるようになっているようです。
「クリニックの経営者=信用力の高い富裕層」
この図式が必ずしも成り立つわけではない時代になりつつあるといえるでしょう。

銀行融資

そんな昨今、「銀行の融資が受けられない」というところが増えつつあるといわれています。
運転資金を確保するために融資を申し込んだけれど、返済能力に疑問を持たれ、断られてしまった……そのようなケースが少なくないようです。

このようなときに活用すべきなのがファクタリングであるといえます。
ファクタリングであれば、たとえ銀行から融資を断られてしまった場合でも、受け取るべき診療報酬の債権、またそのほかの必要な書類があれば利用することができます。

いかがでしょうか。
簡単にまとめると、「銀行などの金融機関に頼れないとき」こそ、ファクタリングの出番といえます。
GCMでも、「お申し込みから最短で3日」というスピーディさでサービスを提供しています。
今回取り上げたような状況にある、という経営者の方はぜひご活用いただければと思います!