ファクタリングのメリットとは?

資金調達にお悩みの方々。ファクタリングという言葉をご存知でしょうか?
ファクタリングは、簡単にいうと売掛金を現金化するサービスで、短期間での資金調達を可能にします。このファクタリングにはどのようなメリットがあり、どのようなデメリットがあるのかについて具体的にご紹介しましょう。

経営者必見!資金調達の悩みを一気に解消するファクタリング

商品・製品・サービスを販売した後、その売上が現金として口座に入ってくるまでには、タイムラグがあります。この「まだ手元にはないが今後手元に入ってくるお金」のことを「売掛金」と表現します。ファクタリングは、まだ手元に入っていない売掛金を現金化できるサービスで、資金難に陥った際にさまざまなメリットを与えてくれるサービスです。

最短即日!素早く資金調達
ファクタリング最大のメリットはそのスピード。銀行で融資を受ける場合は審査に時間がかかり即日融資が受けられることはまずありえません。そのため、「大規模な受注が舞い込んできたが、資金が足りず材料を調達できない」場合など、短期間での資金調達が必要な際には、銀行の融資を頼ることができないのです。ファクタリングは、売掛金を売却して最短即日に入金可能が出来るので、素早い資金調達が実現できます。

売掛金の範囲内で大口の資金調達が可能
銀行からの融資は、目標額に届かないという場合が多々あります。しかし、ファクタリングは、売掛金の範囲内であれば、担保となる不動産や保証人がなくても、大口の資金調達が可能です。売掛金が多ければ、その分スピーディーに大口の資金を調達することができます。

銀行など外部からの評価が上がり、融資も受けやすくなる?
ファクタリングで手にした資金は、バランスシート(貸借対照表)に加算する必要がありません。銀行で融資を受けた場合は、借入としてバランスシートの負債に加算する必要がありますが、ファクタリングで入った資金は売掛債権の譲渡として資金化できるため、負債として計上されません。そのため、バランスシート上の負債が減り資本の利益率が向上します。総資本利益率が上がると、外部からの評価が上がり、銀行からの融資を受けやすくなります。


取引先にバレずに売掛金を売却可能
ファクタリングの大きな特徴が、取引先やメインバンクにわからないように資金を引くことができるという点です。取引先やメインバンクに「売掛金を売却しなければならないほど経営が悪化しているのか?」などといった、疑いを持たれることがありません。取引先との関係性や銀行からの評価を壊さずに資金調達することができます。

取引先が倒産しても、支払いの義務はなし
ファクタリングは、法律上「償還請求権なしの売掛債権買取」に該当します。そのため、売掛金を現金化した後、万が一取引先が倒産して売掛金の入金がなくなっても、支払いの義務は生じません。つまり、ファクタリングを行うことで、短期間での資金調達と利益の先取りやリスクヘッジが可能になるのです。


利用する前に気をつけたい!ファクタリングのデメリットとは?
短期間での資金調達が可能なファクタリングは、経営者にとってメリットだらけのサービスです。しかしデメリットもありますので、始める際には十分注意して行いましょう。

売掛金がないと借りられない
ファクタリングは売掛金が前提のサービスであるため、そもそも売掛金がない場合はサービスを受けることができません。

売掛金の額が資金調達の限界
売掛金を上回る額の資金調達はできません。そのため、売掛金の額以上の資金が必要な場合は、融資など他のサービスの利用を検討する必要があります。

ファクタリングには手数料がかかる
売掛金を現金に換える際に、手数料が必要になります。そのため、売掛金いっぱいに現金化しても、実際に手元に入る資金は実際の売掛金よりも少なくなります。

返済は一括のみ
取引先が倒産して、売掛金が入らない場合などを除いて、売掛金が入った時点で現金化した資金を一括で返済する必要があります。

*