診療報酬債権・介護給付費債権とは About

医療機関様、介護サービス事業者様または障害者福祉サービス事業者様が国民健康保険連合会または社会保険診療報酬支払基金(支払基金)に対して、毎月10日までに前月1ヶ月分の保険診療分の診療報酬または介護給付費・障害者自立支援給付費・障害児給付費等*を請求します。その請求分は支払基金が審査し、実際に支払われるのは翌月下旬です。よって請求月から約2ヶ月後に支払われます。
例:4月分の請求は5月10日までに行い、支払われるのは6月下旬。

この未収診療報酬または未収介護給付費*を発生済み債権(診療報酬債権または発生済み介護・自立支援給付費債権)といい、また過去の請求・入金額データから算出し将来発生するであろうと想定される債権を将来債権といいます。

*障害者総合支援法に基づく給付費及び児童福祉法に基づく障害児給付費全てが対象です。

*

*