一括ファクタリングとは

一括ファクタリングとは

一括ファクタリングは手形発行事務の効率化・印紙代の節約の効果があります。

一般的なファクタリングを利用するメリットとして、ファクタリング会社の信用力の高さから、債権回収の確実性が高くなることが挙げられます。
しかしそれは、ファクタリング会社の信用能力が買掛責務会社の信用力がうわまっている場合には、ファクタリングを利用する為に支払う手数料分の経費がかかるデメリットもあります。

ファクタリングは買掛責務者と売掛債権者の双方にメリットがあります。

ファクタリングは買掛債務者と売掛債権者そしてファクタリング事業者が提携して売掛債権者に対しての手形発行、期日管理、領収書取得等の事務削減が出来る為、非効率な手形払いを廃止する事が出来ます。
買掛債務者は売掛債権者に対する手形決済日までの支払いをファクタリング事業者に支払い、ファクタリング事業者が売掛債権者に対して支払いをします。
これによって売掛債権者はファクタリング事業者から売掛金や手形の約定期日前に資金化する事が出来ます。
他にも手形集金、領収書発行、取立事務等の経費が削減でき、事務の合理化が図れます、それによって手形の紛失、盗難といったリスクもなくなります。

また売掛債権者に対しても、印紙税、手形郵送料等の経費削減にも効果があり、ファクタリングは双方にメリットがある手段であると言えます。

売掛金と手形とファクタリングの違い

売掛金とはいわゆる「つけ払い」の事を指し、基本的には1月の代金を2月末に支払ってもらうといった月末締め翌月払いなどが基本的です(中には翌々月払いなどもあります)。 手形とは約束手形のことで、「○ヵ月後に○○円支払います」といった具合に現金になるのは○ヵ月後という具合になる。
しかしこの手形は証券として他の人に譲る事が出来る為、ある程度お金の代わりとして使用する事もできますが、現金化までの期間中に倒産等の理由で不渡りを起こしてしまう場合などもあり受け取りを拒否する取引先もあります。
その場合は銀行に持ち込み「割引」という方法を取ります、これは手形を額面の金額からいくらか差し引いた金額で買い取ってもらうという方法です。
売掛金は取引先との二社間の与信によって取引されるので手形のような運用が出来ません。
ファクタリングはファクタリング事業者との三社間の約定の締結によって売掛金であっても手形の「割引」のようにして資金を現金化する事ができるのです。

*