保証ファクタリングとは

保証ファクタリングとはどんなもの?

保証ファクタリングとは売掛債権を与信判断の上で買い取り、その債権回収を行う事です。
取引先から振り出された手形や売掛金などを早期に資金化するサービスです。万が一取引先が倒産した場合に代わって債権の支払いをファクタリング会社が支払いするもので、売り上げ債権の回収リスクを軽減する事が出来ます。中でも、保証ファクタリングの特長として、保証限度枠内での売掛債権の100%回収する事が出来る事が魅力です。また、よく勘違いをされている方が多いのですが、ファクタリングは借り入れではない為、担保や、保証人といったものがほとんどの場合必要ありません。
そのため、資金調達の効率化や迅速化というメリットがありますが、一方で、ファクタリング会社へ支払う「ファクタリング手数料」や「割引料」などがかかるのにも注意が必要です。

保証ファクタリングのメリット

リスクマネジメントに役立つファクタリングの機能は資産の資金化以外にファクタリング会社の信用調査機能と情報提供機能を活用できるのも大きなメリットの一つです。
ファクタリング会社は依頼先の取引会社以上に支払先の企業の信用を重視しますので。
「この顧客に販売してよいか?」「与信金額はどのくらいか?」といった、わずらわしい与信管理作業を企業に代わってファクタリング会社が行ってくれます。
これによって慎重になりがちな新規取引先の開拓がやりやすくなるといえます。

保証ファクタリングで気をつける点

手数料・掛目が必要になります。ファクタリングを利用する場合には必ず手数料・掛目が必要になります。
つまり、早期資金化の代償として売掛金の全額より手数料・掛目分目減りします。

債権譲渡のために顧客への承諾が必要なケースがあり、売掛先の企業様とお客様、そしてファクタリング会社との三社間取引が原則となります。
売掛先の企業の承諾を得る必要があるので交渉手続きに手間や時間がかかる場合があります。
また、相手先との関係維持などを理由に二社間取引もありますが、こちらは完全に信頼関係の取引となる為、受けられない企業や、受けれたとしても手数料が割高になる場合が多いです。

*