GCMのファクタリングサービスについて About Factoring

ファクタリングはファクタリング会社が行う金融サービスで、
14世紀後半にイギリスで生まれ、その後アメリカで発展した金融手法です。
現在では世界各地で利用されているファクタリングですが、種類が以下のようにあります。

診療報酬債権ファクタリング

国民健康保険団体連合会(国保)・社会保険診療報酬支払基金(社保)に請求する診療報酬債権を債権譲渡(ファクタリング)し診療報酬債権を早期現金化する仕組みです。
これによって診療報酬を受け取るのに通常2ヶ月ほどの期間が必要の所を1週間ほどで早期現金化する事が可能になります。
現在では医療・介護業界の新たな資金調達手段として活用されはじめています。
診療報酬債権の他にも介護報酬債権、調剤報酬債権などと併せて介護ファクタリングと呼んだりもします。

詳しくはこちら

保証ファクタリング

国土交通省が創設した『下請債権保全支援事業』に基づき、取引先の倒産等によって売掛金や手形などの売上債権が回収不可能になるというリスクを回避できるサービスで、ファクタリング業者が売掛金や手形を買い取り、信用調査(側面調査)を行い手数料などを差し引いた相当額を保証し、支払うサービスです。

詳しくはこちら

国際ファクタリング

通常、海外との貿易取引にはL/C(信用状)が使われますが、信用状開設には手間と費用、さらには支払いにも時差などが発生します。
この負担を軽減する為に海外債権に対応した金融サービスです。
信用状の代わりに世界各国のファクタリング会社と提携することで海外の販売先の信用調査を行い、その信用リスクを保証するサービスです。海外企業の売掛金を保証し、資金化を早期に行います。

詳しくはこちら

一括ファクタリングとは

決済の手段に関するサービスです。
ファクタリング会社が取引先企業から売掛債権を買い取り、お客様に支払います。取引先企業は手形発行事務の軽減や印紙代の節減など手形発行の経費削減が見込めるというメリットがあり、支払手形に代わる新しい決済手段として大手企業を中心に導入されています。
このサービスを利用する際には、三者の合意が必要になります。

詳しくはこちら

*